*+*+*+   あせもについて   *+*+*+



皮膚には無数の汗腺があります。

粘膜部分を除いた、全身にあると言ってもいいものです。


汗腺はエクリン腺のことを指し、ここから汗が出てきます。

その数は200万から400万と言われています。


汗をかいた場合には、この部分から汗が出てくることになります。

そのままの状態にしておくと、あせもになってしまうのです。




あせもは普通の状態でできるものではありません。

短時間に大量の汗をかいたときという、条件が必要です。



熱が出て汗をかいたときや、運動量が多く汗をかいたとき、夏などの気温の上昇で汗をかいたとき、などを挙げることができます。


特に夏になるとあせもが多くなるといわれています。

今では夏に限らず、冬になっても暖房による体温上昇で、あせもができる場合が増えています。



さらに、通気が悪くなってもできます。

通気性が悪く汗を閉じ込めてしまったような場合や、ギプスをしているときなどです。

そして汗をそのままにしておくと、成分に含まれている塩分がそのまま皮膚に残ります。


これが汗の出口をふさいでしまうのです。これによってあせもができます。

つまり、汗の塩分が汗腺の出口をふさいでしまい、炎症を起こしてしまった状態です。



汗の塩分以外にも、ほこりや垢など、出口をふさいでしまう原因があります。

これらが引き起こす、あせももあり得るのです。





-----推薦します!このサイト!-------

余命3ヶ月の末期がんから克服する⇒肝臓がんの末期を克服された方の闘病記、実話

成長するチャンス 顔晴る! http://www.enchantingmoments.biz/ http://www.penninghame-house.com/ 前向きで生きる! 結婚したい! http://www.cesp-eap.org/ http://www.kassekredit.net/ 気付きで人生変わる! http://www.greengirlmedia.biz/ http://www.pragsociety.org/ スキンケアの大切さ 必要なことだけ考える http://www.tendances-mode.org/ 大切に使う事!