子供・乳児・幼児のあせもの最近のブログ記事

あせものよりについて


乳児にできるのが、あせものよりです。

普段から気をつけて、ここまでひどくならないようにしておくようにしましょう。


保護者が汗の対策や予防をしっかりしておかないと、黄色ブドウ球菌が傷から入り込みます。
この菌が繁殖してしまうと、あせものよりになってしまうのです。

首筋や顔、頭部がよくできる部分です。

肌が柔らかく、汗の量も多いことが原因となります。
こぶのようにぶよぶよしているものが、だんだん大きくなってきます。

リンパ節が腫れるほど進行すると、高熱も出ます。
膿が出て、つらい症状になってしまうものです。

あせもができたら、すぐに皮膚科に行って診てもらうようにしましょう。

膿を出すためには、切開するという場合もあります。
小さな乳児にはとてもつらい治療です。


ブドウ球菌をなくすために、抗生剤を内服薬として使用します。

アクリノール亜鉛華単などの外用薬は、炎症を抑えるために処方されます。
毎日清潔な肌着を身につけるようにします。素材は綿100パーセントがいいでしょう。


爪を短くしておくことで、あせもの悪化を予防できます。
髪も首筋にかからないようにしておきましょう。

あせも予防に有効なことは、いろいろあります。
すべて実践することをお勧めします。


枕カバーや布団カバーなどは、こまめに洗いましょう。


温度調整や湿度も適切に設定しておきます。

子供のあせも予防

自分で動き回れるような年齢になると、子供はさらに多くの汗をかきます。

夏の暑い日は、外で遊ぶ機会も増え、さらに汗をかくでしょう。
そのままにしていることが多く、そこからあせもを作ってしまいます。
子供のあせも予防のためには、汗をかかないようにすることは難しくなります。


夏になったら、髪を切って、首筋にかからないようにしておきましょう。
あせものできやすい首を守ることができます。


汗をかいたら着替えるように教えることも大切です。

自分でできるという年齢のときには、しっかりと予防方法を教えておきましょう。
通気性や汗の吸収性のいいものを、着替えに持たせるようにします。
まだ幼稚園や保育園に行っているという場合には、先生に頼むといいでしょう。


室温が重要です。

家での設定温度を低くしてしまうと、外に出たときや、園での温度と大きく違ってしまうからです。
温度差についていけずに、暑さで元気がなくなる原因となります。


保育園などでは、冷房設備がないことが多く、あせもを作ってしまうのです。
自宅にいるときには、ビニールプールで遊ばせるというのもひとつの方法です。
汗を流す効果があり、楽しくあせも予防ができます。


寝るときには氷枕を当てるなどして、体を冷やすといいでしょう。快適なあせも予防です。

あせも予防にベビーパウダー

昔からあせも予防に使われてきたものと言えば、ベビーパウダーです。


乳幼児だけではなく、大人でも使えます。
パウダーが汗の吸収を助けてくれます。
汗からあせもができるのを防ぐことができるのです。

乳幼児に使うと汗腺をふさぎ、あせもができてしまうという人もいます。
ですが、適切に使っていれば問題はありません。
つけすぎないようにして、薄く使うようにしましょう。


お風呂上がりなど、肌を清潔にした状態のときに使うようにします。
肌が汚れていると、その汚れが毛穴をふさいでしまうことになるからです。

パウダーのつける量にも気をつける必要がありますが、パフも重要です。
毎日同じパフを使っていると、汚れがついてきます。
定期的に洗うようにしておきましょう。

パフを使ってベビーパウダーをつけるほかに、手にとってつける方法もあります。
薄く数回に分けて体につけていくようにします。


赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。
汗を大量にかくことでも知られています。
蒸れやすく、あせもができやすい肌の環境なのです。

おむつをつけていることで、お尻にできてしまいます。
首のうしろやひじの裏、わきの下など、どの部分も汗が多く出る部分です。


全身に使って、あせも予防をするようにしましょう。